廃棄物の処理は難しい|環境にもコストにも優しいガレキ選別を導入しよう
工場

環境にもコストにも優しいガレキ選別を導入しよう

廃棄物の処理は難しい

工場

処理が困難な廃棄物とは

廃棄物は元来、捨てればいいというものではなく、その処理の方法やリサイクルの方法までが法律で事細かく決めてあります。それ故に、処理の難しさも出てくるわけで、取り分け混合廃棄物はその一例と言えます。中々馴染みのない混合廃棄物とは、複数の廃棄物が分離不可能状態で排出されたものを指し、解体現場や建設現場で生じることが多いと言われています。廃棄物は、混合廃棄物であっても原則的には可能な限り廃棄物種別の分別必要性がありますが、これは、ともするとコスト削減に逆行する結果となっています。また、混合廃棄物はその処理の困難さから多種類の廃棄物が混合排出される場合には、処理が困難となり、不法投棄が行われる一因にもなっています。

混合物はどう処理すべきか

混合廃棄物は、産業廃棄物の中でもその処理の難しさから敬遠されがちですが、排出量自体は少なくありません。産業廃棄物処理業者にお願いすれば正しい手順で処理して貰えますが、その依頼を行う段階にも難しさが有ります。混合廃棄物には、実は明確な基準がなく、判断に迷った場合は、行政に相談する必要があります。また、一番重要なことは、混合している全ての廃棄物の処理許可を取得している廃棄物処理業者に委託することです。つまりは、処理をお願いする側が混合した産業廃棄物の中にどのような廃棄物が混在しているかを把握して、処理業者を選ばなくてはなりません。更に、依頼主の責務として処理委託契約を締結する前に、許可証の写し等で、処理業者の許可の状況をよく確認することが必要です。これを怠れば適正な処理が出来ないばかりか法律違反を犯す可能性もあるので注意が必要です。