廃棄処理の負担を大幅軽減|環境にもコストにも優しいガレキ選別を導入しよう
工場

環境にもコストにも優しいガレキ選別を導入しよう

廃棄処理の負担を大幅軽減

男女

大量ガレキも効率良く選別

自然災害が起きた際や、建設工事の現場では大量のガレキが発生します。ガレキは大きさも材質もさまざまですから、処分するためには選別を行う必要があります。従来は、すべての仕分けを手作業で行っていたので、大変な手間と時間がかかってしまいました。そこで現在では、サイズや種類ごとにガレキを自動的に分類する「選別機」の導入が広がっています。このガレキ選別機の普及により、大幅に作業効率が向上し、コスト削減が可能となりました。廃棄物の種類に応じて、使用する機械は異なりますが、風力や振動などにより選別するタイプが一般的です。効果的にガレキ選別が行われるように、幅広い廃棄物をきれいに仕分けできる製品を取り入れるとよいでしょう。

環境に合わせて機械を選定

廃棄物処理の現場には、欠かせない存在のガレキ選別機。網目やバーを振動させることで、大量かつ高精度な選別が可能です。網目を使用する機械では、目が詰まってしまうと機能が低下する心配があります。その点、振動式は上下に振動させて選別するので目詰りが起こりにくく、大きいサイズから小さいものまで、効率良くガレキ選別ができます。また、環境によっては廃棄物を砕いたり、運搬したりという工程が必要なケースも考えられます。破砕機・搬送機との連携も想定しながら、選別機を活用して作業全体の効率アップを目指しましょう。ガレキ選別機などの重機は比較的高額なうえ、広大なスペースを要するのが悩みの種です。そのため、中古価格での販売やレンタルサービスを提供する専門業者が人気を集めています。